京都ガールが気になる事─やたらとキャバクラでの体験入店を押すワケ

京都のキャバクラに限らず体入する事が当たり前の現状

『体験入店』って知ってますか?『体入』って短く言うこともあります。
これは、お店に所属する前にお仕事を体験すること

全国的に、この体入をやってから本入店(お店に所属することです)するって流れが普通になってますねー。
京都のお店もそうですよ。

体入は、全然やんなくても所属はできます。
でも、いきなり本入店させるお店は、今は少ないです。

もし体入ナシで本入できるとすれば、経営者さんとかオーナーさんの強力なコネで入ってきた子だったり、経験者の子で、しかも売れっ子だったりして体験入店の必要がないほど顧客さんとかテクニックとかを持ってる子に限られますね。

この体験入店っていうのは、求人とかを見てキャバクラに応募をして、面接のあとやることになります。

体験入店は両者にとってウィンウィンの制度

「体験入店って、なんでわざわざそんなことやりはるん?」って思うよねー。
「このお店はどんなところかな?良いお店かな?」って、女の子がキャバクラ店を見定めるためのものが体入って思ってはる女の子もいるけど、それだけではないんですよ。

実は体入は、お店側にとっても重要でメリットがあるんです。

女の子側のメリットはコレ!

・自分に合った雰囲気のお店かチェックできる!
・スタッフさんやキャストさんの人となりをチェックできる!
・お客さんの年齢やお仕事など客層をチェックできる!
・稼げそうなシステムになってるかをチェックできる!
・実際に接客することで、自分のキャバ嬢としての能力をチェックできる!
・お店のルールや決まりごとをチェックできる!

お店側のメリットはコレ!

・ドレスなどの衣装を着た時の女の子の雰囲気をチェックできる!
・女の子のトークスキルや接客術をチェックできる!
・お酒の飲み方をチェックできる!
・他のキャストと合うかどうかをチェックできる!
・お客さんからのウケや食いつきをチェックできる!
・仕事に対する意欲や意識をチェックできる!

こんな感じで、どちらにもメリットがたくさんあって、こういうことを確認するために体験入店っていうシステムがあるんです。

体験入店をした後に不採用になる可能性もある

これも勘違いしてる子が多くいてはるんやけど、面接突破して体験入店までいったからって、採用されたってわけではないですからね?
体入させてくれたってことは、仮採用の状態
一次試験突破!みたいな感じかな。

だから、体入のあとで「不採用です」って言われちゃうこともあるんよね~。
体入って、真剣に真面目にやらないといけないってことがわかるでしょ?

求人に「即日体入OK!」って書いてあることがあるけど、これは、面接のあとすぐに体験入店できますよーの合図。
1日で面接も体入もやっちゃいます!

もちろん面接の数日後にやる場合もあるから、「すぐにでも働きたい!」って子は、『即日体入』って文字がないかチェックしておきたいですね。

「体入荒らし」は絶対にNG

体験入店って、本入店前なのに、働いたぶんのお給料がちゃーんともらえます!
しかも、日払いで!

だから、お店に所属する気もないのに、即日体入を京都中のいろんなお店でやって日銭を稼いでる女の子もいるんですよ。
これは『体入荒らし』って呼ばれてます。詳しく知りたい人はUnightの体入荒らしについての記事をご覧ください。
お店にとっては、プンスカですっ!

だって、所属して働く気ないんですよ?
なのに、面接で「働かせてください!」みたいに言って体入だけして消えるって、ズルイですよね。
これやられると、お店にとっては指名客の獲得にも繋がらないし、損しちゃったりもするんですよー。

京都のお店って、横のつながりも強かったりします。
だから、体入荒らしの子の情報は各店舗で共有してることも多くて、もしいろんなお店で体入を繰り返してしまったら、もう京都のお店ではキャバ嬢できないってことにもなりますね。
自業自得ですけどっ!

とくにかく、京都のキャバクラは店によって全然コンセプトも雰囲気も違うから、何店か体験入店をして京都のキャバクラの特徴を掴んだほうがいいと思いますよ♪